海洋生物保護専攻2年制

海洋生物と海を愛し守っていく
スペシャリストを目指して。

大阪ECOの校外実習 海洋生物調査

だからできる!
海洋生物保護スタッフになるための4つのポイント

ポイント1 各地のフィールドで現場力を身につけます。
各地のフィールドで現場力を身につけます。 全国のマリンフィールドが実習地です。調査・保護などさまざまな分野のプロから学ぶことで技術や知識を身に付けます。
校外実習・インターシップ
について詳しく
ポイント1 さまざまな海洋生物について学べる。
さまざまな海洋生物について学べる。 イルカやクジラなどの海洋哺乳類から、エビやカニなどの甲殻類、そして魚類などまで、生態や行動などを学びます。
海洋系施設について詳しく
ポイント1 海洋生物のプロフェッショナルから多くを学ぶ!
海洋生物のプロフェッショナルから多くを学ぶ!業界で活躍をしている海洋研究所所長や研究機関の研究者の先生方から、現場で必要な知識や技術を学べます。
ポイント1 多くの資格を取得して専門知識を広げる。
多くの資格を取得して専門知識を広げる。PADI・オープン・ウォーター・ダイバー、潜水士、小型船舶操縦士1級・2級などさまざまな資格を取得し専門分野を広げます。
資格について詳しく
ジャンプしているECOの学生たち

目指せる職場

  • 海洋生物調査関連施設
  • ホエールウォッチング施設
  • ダイビングショップ
  • 水族館 
  • 自然学校 他

目指せる職場

目指せる仕事

  • ホエールウォッチングガイド
  • ネイチャーガイド
  • 海洋生物調査員
  • 水族館飼育員
  • ドルフィントレーナー
  • ドルフィンスイムガイド
  • 自然学校スタッフ
  • ダイビングショップインストラクター 他

夢を叶えた先輩の声

目指せる資格

  • 潜水士(国家資格)
  • スキューバダイビングライセンス
  • 小型船舶操縦免許
  • 救急救命(BLSヘルスケアプロダイバー)

資格取得者の声

活躍する卒業生
「今年も来たな」ってわかるシャチがいると嬉しい

「今年も来たな」ってわかるシャチがいると嬉しい 小6の時にシャチのショーを見てから、シャチのことがすごく好きになり、シャチに関わる仕事に就こうと決めました。学校の実習でもシャチがいるところだけを選んで行っていました。そのおかげか、シャチを探すのは得意です。クジラやシャチを見たお客さまが嬉しそうにしている姿を見ると嬉しいですし、大好きなシャチを見れること自体が自分にとってのやりがいです。今後「あ、あの子だ」と個体認識できるシャチを増やしたいです。

充実したカリキュラム

実習内容を動画でチェック!

代表的なカリキュラム(例)

海洋哺乳類

海に生息する哺乳類の進化・分類・生態について、専門的に学びます。

ダイビング演習

PADI・オープン・ウォーター・ダイバーライセンス取得のために必要な知識と技術を実践で学びます。

海洋保全

人間活動が海洋環境に及ぼす影響について学ぶとともに、自然環境の保全のありかたについて学びます。

小型船舶操縦士

海で働くために必要な資格のひとつである小型船舶操縦士の学科講習を必修で行います。希望者は、小型船舶操縦士1級の免許取得を目指すことができます。

水生生物調査

川や海などに生息する生物の採集を通じて、水生生物の生態や分類について学びます。

潜水士対策講座

国家資格である「潜水士」。資格試験の傾向や対策などを学びます。

たくさんの実習から将来のシゴトが見える。

たくさんの実習を通して、現場でプロの「技術」「知識」「心構え」を学びます。

海洋生物調査(鯨類調査実習)

ザトウクジラなどの大型鯨類から人と同じくらいの大きさのスナメリに代表されるネズミイルカ類まで、日本の周辺海域には大小さまざまな鯨種が生息しています。なかには過去に生息数が大きく減少した種もあり、保全のためには定期的なモニタリング調査を必要とします。大阪ECOでは、これまでにシャチやスナメリなどを中心に鯨類の調査をしてきました。本実習では実際に船に乗って野生の鯨類を調査し、鯨類調査に必要な知識と技術について学びます。

ウミガメ産卵調査・保護

ウミガメ調査・保護実習では、ウミガメの産卵観察を行うとともに、海岸線付近に産出された卵については、波などの影響を受け流出してしまう可能性が懸念されたため、海岸線から離れたところに卵を移動させました。移植後、害獣による食害の防止柵を設置しました。

黒潮圏生物多様性調査(臨海実習)

臨海実習では、シュノーケリングによるサンゴ観察、水生無脊椎動物の採集・観察・標本作成、魚類の採集・観察などを行いました。

楽しみながら技術・知識を磨こう