HOME > ブログTOP > ECO日和 > eco★news > やっぱり貯金しないとね…!? 〜Dolphin Research Center Report〜第12弾

毎日更新!ブログ

2018年3月13日

やっぱり貯金しないとね…!? 〜Dolphin Research Center Report〜第12弾

海洋系スタッフの村瀬です

少しずつ春の匂いがする大阪から、Dolphin Research Center(DRC)のレポートをお届けします


DRCでは、時々こんなプログラムを行なっています。


これは「Enrichment Program(エンリッチメントプログラム)」といって、

DRCゲストに見せるプログラムの一つなんですが、そもそも「エンリッチメント」とはなんでしょう?


インターネットで検索するとたくさん出てきますが、要は飼育動物の幸福を追求する方法の一つです。

このプログラムは、トレーナーではなく主に教育担当スタッフや研修生が行うものです。

いつもと違う人でいつもと違う雰囲気のプログラムを行うことで、

動物のGood Mental Stimulation(精神的な刺激)になるわけです


DRCでは、このプログラムに限らず1日を通して多くの場面で工夫(エンリッチメント)を実施しています。

ドックタイム(ブログ6/10記載)やセッションの際に「楽しい」「安心」を提供することにより、

トレーナーはイルカに対し「信頼の貯金(The Trust Bank)」を少しずつ積み重ねていきます



このように「セッションが楽し過ぎて思わずはしゃいでしまう」イルカを見たことあります?

難しいことが出来たこと、トレーナーが力いっぱい褒めてくれることが嬉しくて嬉しくて、喜びを全身で表すのです

動画を見ただけでは「何がここまで嬉しいの?」と思ってしまうかもしれませんが、

ここまではしゃぎたくなる日々の積み重ねがあるんです。

こういうシーン、DRCでは頻繁に見られるんですよ

なんか、見ているこっちまで楽しくなってしまいますね

次は、遊びで本来手で出すサインを足で出してみたら出来ちゃったー!というシーン



最後は研修生とはしゃぎまくるシーンです。サイン・ホイッスルなしのセッションでも、

しかも研修生でもここまで動物を楽しませてるんです



これら一つ一つの要素がTrust Bankに貯金されていくのですね


「信頼の貯金」は時々引き出さなければなりません。

例えば、痛みを伴う治療や捕獲・輸送など、動物に負担をかけざるを得ない時です。

もちろんそれらは最小限に留めますが、貯金があればよりスムーズ。

もしなければ治療すら出来ない、もしくは多大なストレスを動物にかけることになるでしょう。

動物を楽しませるには、トレーナー自身が心から楽しむことがものすごーく大切なんですね。


(最後、ムラセごときにイルカがはしゃいだシーン…

ブログ

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • アーカイブ
    • アーカイブ

ブログ

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • アーカイブ
    • アーカイブ

HOME > ブログTOP > ECO日和 > eco★news > やっぱり貯金しないとね…!? 〜Dolphin Research Center Report〜第12弾