アフリカ(ケニア研修)

野生動物に感動!人間との共存も学ぶ。

海外実学研修は1年次の後半に全員参加で行われます。国際性を身につけ、エコ先進国の専門知識と技術を直接学ぶことができる研修は、施設や専門機関の見学、専門家のレクチャーなど、充実した内容となっています。

スケジュールはナイロビでの講義と保護区でのゲームドライブがメイン。講義では、ケニヤッタ大学の方からアフリカの部族や生活、野生動物と人間の調和・共存について学びます。「マサイの戦士」で有名な「マサイマラ国立保護区」では、日本で決して見ることのできない野生動物たちとの出会いや、マサイ族との交流があります。携帯電話が使えなくても、日本とは違った豊かさがあると感じることで、視野を広げ、大きく成長するチャンスです。

体験者の声

小さい頃からテレビで見ては、憧れていた世界があった。

小仲さん動物園・動物飼育専攻

実際に野生で生きている動物達を見て、飼育環境の動物との動きの違いや筋肉の付き方の違いなどに気付き、驚きました。「飼育員になるなら、一度は見ておくべき」と聞いていましたが、本当にその通りだと思います。丁度、ヌーの大移動の時期だったのですが、草食獣の怖さを肌で感じられたことは良い経験でした。動物だけではなく、日本とアフリカの文化の違いに触れられるのも大きな魅力です。

アフリカでの充実した一週間 [実施例]

1日目 ドバイ空港へ
2日目 ドバイ空港からケニアの首都ナイロビへ。夜はケニア料理のバイキングを楽しむ
3日目 ケニヤッタ大学での講義。ジラフセンターでキリンと触れ合い、ネイチャーウォーク。
4日目 マサイマラ国立保護区でのゲームドライブで野生動物を観察。ライオンやゾウ、ハイエナなどと遭遇。
5日目 ゲームドライブの合間にレンジャーからのレクチャーとマサイ村訪問。マサイ族の掟や習慣に驚き。夜はマサイ村で星空を見ながらバイキング。
6日目 ナイロビへ移動。現地のスーパーでお土産購入。夜はお別れのパーティーで盛り上がる。
7日目 ケニヤッタ空港からドバイ空港へ。ドバイ空港でのお土産購入を楽しむ。
8日目 無事帰国。お疲れさまでした!

海外研修についてもっと詳しく知れる!資料請求はこちら