よくある質問

あなたの疑問にお答えいたします。

よくある質問

学校見学・体験授業について

学校を見てみたいのですが、いつ行けばいいのですか?
年間を通して、あなたの進路スケジュールに合わせ、体験入学や授業見学会、学校説明会などのイベントを行っています。
ECOでは、入学決定のために、ぜひ1度、学校を見ていただきたいと思っています。
お友達や保護者の皆様のご来校もお待ちしております。
ECOの進路決定のためのイベントは、必ずあなたの将来を決める参考になるはずです。
普段の授業は見学できますか?
本校では「授業見学」は随時受付を行っております。
放課後や創立記念日な ど、あなたのご都合に合わせてご参加いただけます。
ただ、希望の専攻/分野の授業が行われているかの確認が必要となりますので、 ご希望の方は本校まで
お問い合わせ下さい。
一人で参加しても大丈夫ですか?
もちろん、大丈夫です。
多くの参加者は、ひとりで参加しています。 ちょっと、心細いかもしれませんが、在校生やスタッフとすぐに打ち解けてお話ししています。 また体験入学では、同じ「好き」を持つ人が集まりますので、すぐに友達になっています。
保護者も参加できますか?
ぜひ、ご一緒に参加してください。
学校をしっかり理解してご入学頂きたいと考えています。 ぜひ、御一緒にご参加ください。体験入学の全日程において、保護者のみなさまのために、保護者会を開催しています。 ご参加、お待ちしています。
まだ進路がはっきり決まっていませんが、参加できますか?
仕事や業界のことなど、まだ想像の世界でしか知らないことも多いはずです。進路を決めるための体験授業や学校説明です。わからないことは何でも聞いてください。
悩んでいる人は、体験授業メニューも、学校へ来てから決めて頂いて構いません。事前に、入学相談室にやりたいことを相談してください。ぴったりの授業をご紹介します。
2回参加してもいいのですか?
目標が決まるまで、何回でも参加してください。
特に体験授業は、いろいろとやってみたいことがあって悩んでしまうかもしれません。今日は音楽、今日は動物と、たくさんの授業を受けて進路を決定した人も少なくありません。先生や在校生とも仲良くなってください。
目標が決まっている人は「Myスクール」で専門的授業を受けることもできます。
大阪ECOはどんな学校ですか?
大阪ECOは、動物分野で日本で初めて認可を受けた専門学校です。
業界と共に業界に必要な人材を育てる「産学協同教育」を行い、
これまでに7,000名以上の卒業生を希望の業界へと輩出しています。
卒業後の待遇はどうなりますか?
2年課程の卒業生であれば、企業における賃金などの待遇面では、短期大学卒業者と同じ扱いになります。(公的称号である専門士の称号を付与されます。)3 年制の卒業生は、それ以上の待遇をいただける企業もあります。
仙台・東京・名古屋・福岡の姉妹校との違いは何ですか?
学校の考え方は同じです。
就職に関して情報交換もできますし、システムを利用することが可能です。違う点といえば学校がある場所が違います。授業の進め方、講師も違ってきます。業界実習先もそれぞれの学校の特色があります。

最初がカンジン!入学について

入学選考はどのように行われるのですか?
AO入学/高等学校推薦/一般入学(専願選考・併願選考)/社会人入学/編入学がありますが、いずれの場合も調査書や評定平均値で合否を決めるようなことはしていません。高校の成績よりも「適性」や「やる気」のほうが大切だと考えているからです。これはみなさんの「適性」や「良いところ」をスタッフと一緒に見つけていくもの。決して落とすためのテストではありません。
大学や短大との併願はできますか?
本校では「併願制度」を設けていますので、本校への願書提出の際に申請すれば、併願する大学・短大の合格発表の日まで入学金の納入のみで学籍を確保できます。もっとも、短大の卒業資格については、併修制度(本校に入学すると同時に短大の通信教育課程にも入学する)を利用すれば、本校の卒業資格といっしょに取得できます。また、卒業後4年制大学に編入することも可能です。詳しくは入学相談室までお問い合わせください。
動物が好きというだけで入学しようとしていますが、本当にできますか?
一番大切なことは「動物が好き」ということです。
仕事ですから、職場では楽しいことだけではありません。だがらこそ、「動物が好き」でなくては、できない仕事です。
それが、動物の仕事につく一番の適性です。
アレルギーがありますが、動物の仕事ができますか。
アレルギーの状態にもよりますが、アレルギーがあっても差し障りのない動物に関わる職種を相談させていただいています。進路決定にあたって、ご相談ください。
動物を飼ったことがないのですが、大丈夫でしょうか?
全く問題はありません。
動物業界のプロになる前段階として、直接動物と触れ合うことから始まり、動物とのコミュニケーションを学んでいきながら、動物の基礎的な知識へと進んでいきます。
また、学校で小動物の飼育をしていたり、多くの実習犬が一般家庭から学校にやってきます。動物に触れる実習時間をたくさん設けています。

キャンパスライフはどうなるの?

悩みは誰に相談すればいいの?
専門学校のなかにはクラス担任がいない学校もありますが、本校ではクラス担任制を敷いているので、授業のことや進路のことはもちろん、プライベートな悩みはいつでも担任の先生が相談に乗ります。担任や両親、友人にも相談できない悩みや問題があれば、スチューデントサービスセンター(SSC)に相談してください。きっと解決策が見つかるはずです。
アルバイトはできますか?
もちろんできるし、アルバイトの紹介もしています。長期の休み(夏休み:7月下旬~8月末日、冬休み:12月下旬~1月初旬、春休み:3月初旬~4月上旬。※コース・学年によって多少異なります)を利用したり、平日であれば上手にスケジュールを立てて、学校とアルバイトを両立させながら楽しい学生生活を送ってください。

学費のこともやっぱり心配

教育ローンや奨学金は利用できますか?
利用できます。本校は大阪府の認可を受けた学校法人立の専修学校ですから、国の教育ローン[日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)]の適用を受けることができます。また、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、郵便局、労働金庫、オリコなど各種教育ローンの利用が可能なほか、日本学生支援機構、各自治体・団体の奨学金を利用することもできます。
学生割引は利用できますか?
できます。通学定期はもちろん、遠距離の乗車券など各種公共交通機関での学生割引が適用されます。

何より大切、勉強・就職のこと

業界研修には全員が参加できるのですか?
もちろん、全員が対象です。在学中に、希望する業界で働いてみる業界研修(インターンシップ)は自分の適性を知る絶好のチャンス。研修中に実力を認められてそのまま就職が決まるケースも多く、就職活動の一環といってもいいでしょう。
進級や卒業のための試験はありますか?
本校では規定単位に達すれば卒業できるシステムになっており、単位を与えるかどうかを判定するための試験は各科目ごとにあります。しかし、試験は進級や卒業のための試験というよりも、希望する業界で活躍できるだけの実力が身についているかどうかを確認し、足りないところがあれば補強するためのもの。形式も筆記試験に限らず、レポートや実技などさまざまです。
卒業後は地元に帰りたいのですが、就職は大丈夫でしょうか?
本校は全国各地に姉妹校を持ち、全国的なネットワークによって各地の就職情報を正確に把握しています。そして、その豊富な情報をもとに、クラス担任と就職センターのスタッフが、勤務地や職種など学生一人ひとりの希望に合わせてきめ細かくサポートするので、Uターン就職だからといって、地元の学生に比べて不利になることはまったくありません。実際、Uターン就職を希望する数多くの学生が毎年希望どおりの就職を実現しています。
ペットトリマー専攻に入学して、犬のしつけのことも学びたいのですが。
個性をつくるために、自分だけのカリキュラムを選択できます。
本校には5つのワールドと20の専攻があります。そして、入学する学生の夢や目標、やりたいことは1人ひとり違います。担任の先生とカウンセリングを重ね、数あるダブルメジャーから授業を選択し、自分のカリキュラムをデザインします。
■(例)ペットトリマー専攻 Aさん
将来はペットトリマーになりたい。さらに、お客様に犬のしつけや、ケガの応急措置のアドバイスもできたほうがいいな。
ペットトリマー専攻専門授業+「ドッグトレーニング実習」+「アニマルケア」
授業についていけるか心配。
最初は基本の中の基本からスタートします。
わからないところは、わかるまで教えてくれる先生がいます。すべての人がゼロからのスタート。安心して学んでください。
授業の時間割について教えて下さい。
1時限=90分、高校の2時間分の授業が1単位です。
1週間に、15時限=30時間の授業があります。
1年間は、前期(15週)、後期(15週)、の2学期制(年間30週)です。
年間の授業時間数は、30時間/1週×30週=900時間です。しかし、このほか、特別講義、特別実習、イベントなどがありますので、これ以上の授業時間があります。
どんな先生が教えてくれますか?
授業を受け持つ講師は、各業界で活躍されているプロフェッショナルばかりです。
先生のプロではなく、仕事のプロが教えてくれる学校です。
世の中はものすごいスピードで変化しています。2年・3年後に業界へ飛び出す学生たちに、過去のやり方や古い技術は必要ありません。だからこそ、今通じる実践力が必要なのです。
現場から直接教えてもらえるのも、本校の特徴。これも、産学協同教育のひとつです。

気になる海外留学・研修のこと

海外留学や研修は必修ですか?
10週間を海外の大学で過ごす海外専門留学については希望者が対象です。一方、約1週間の海外研修については各学科とも 原則皆さんにご参加いただいています。研修先や研修の内容は学科によって異なりますが、将来みなさんが活躍する分野の世界の最先端を知り、ステップアップさせるためのプログラムを用意してます。
海外留学や研修にはどのくらい費用がかかるのでしょうか?
1年後期から2年進級時に実施する海外研修については、学科によって研修する国や施設、盛り込まれているプログラムが違うため費用も異なります。およそ 25~35万円程度と考えてください。そのため、入学時に10万円を積立金として納入していただきます。一方、海外専門留学についても留学先や期間などによって費用が異なります。詳しくは入学相談室までお問い合わせください。
海外留学には興味がありますが、英語に自信がありません。大丈夫でしょうか?
海外専門留学を希望する学生に対しては、ネイティブの先生から直接英語を学ぶことができるようにするなど特別メニューを用意しているので心配はいりません。また、学内に国際部を設置し、海外経験豊富なスタッフが留学先での生活面の疑問や不安などに対して親身になって対応しているほか、現地にも日本語の話せるスタッフを配し、学生たちの生活をケアしています。気軽に相談してください。自然や環境については日本など限定された地域ではなく、地球規模で考える必要があります。また、人間とペット、動物、エコロジーとの関わり方に国境はありません。そう考え、海外専門留学を実施しています。アメリカやオーストラリアなどで先進の実学を学ぶことは将来必ずプラスになるはずです。

※海外専門留学は世界情勢の変化、留学生受け入れ国の制度により変更になることがあります。

何かご不明な点がございましたら、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

または、下記でも受け付けています。