発見!探検!プロの仕事場

ペットトリマー @モンプチ シュシュ

犬を癒し、人を癒す。
ペットと飼い主さんの架け橋となる仕事です。
モンプチ シュシュ

[取材協力]モンプチ シュシュ
京都市下京区西洞院通高辻北東角1F

白を基調に、ナチュラル感漂うカフェのような外観。店内には可愛いグッズが並び、まるでおしゃれな雑貨屋さんを思わせる空間ですが、実はトリミングやマッサージ、アロマセラピーなどで、ワンちゃんを“おもてなし”するペットサロン。店長をつとめる昆野さんは、数少ない男性トリマーの先駆けで、講師としてセミナーに招かれることも。飼い主さんと犬の架け橋になりたいと考え、トリマーの仕事を選びました。
「犬をきれいにしてあげれば愛着がわき、飼い主さんと犬の関係もよくなります。ペットトリマーというと“犬の美容師”というイメージがあると思いますが、技術だけではなく、病気、栄養、しつけ…など犬についていろいろ学んでおくことが大切。知識があれば、飼い主さんにアドバイスしてあげることもできますよね」
このサロンで働き始めて1年になる小久保さんはトリマー修行中。爪切りや耳掃除、シャンプーなどのベーシックメニューの他、卒業後すぐにペットアロマアドバイザーの資格を取得し、マッサージも担当しています。大好きな犬と接する時間はもちろんですが、「飼い主さんとのコミュニケーション」も彼女にとってはこの仕事の魅力のひとつです。 「同じお客様、同じワンちゃんとずっとお付き合いが続くことがうれしいですね。子犬の頃から知っているコだと、愛着もひとしお。まだまだ覚えることはたくさんありますが、早く一人前のトリマーになることが今の目標です」
  • am 9:30

    朝いちばんの仕事は店内の清掃。
    窓を拭き、床に掃除機をかけた後、モップがけ。
    白を基調とした店内は清潔感にあふれ、アロマディフューザーから漂う良い香りが店内を包む。

  • 朝いちばんの仕事は店内の清掃
  • am 10:15

    午前10時にサロンがオープンすると、さっそく予約を入れたお客様が愛犬と共に来店。
    施術メニューなどを確認する。
    体調やしつけについて質問を受けることも多く、アドバイスすることも。

  • 動物の健康状態をチェックし、エサやり
  • am 10:20

    小久保さんは爪切りや耳掃除から始まって、シャンプー、ドライアップ&ブラッシング…と続くベーシックメニューを担当。
    直接ワンちゃんの体に触れるため、体調の変化や皮膚病などの病気を発見することもあり、健康チェックも大切な仕事のひとつ。

  • ベーシックメニュー担当の小久保さん
  • am 11:00

    シャンプー&ドライ後のトリミングは、主にキャリア10年の昆野さんが担当。
    1日10頭前後のワンちゃんをカットする。
    お客様によって要望はさまざまで、人の美容師同様、センスが問われる仕事。
    エクステンションやカラーリングなど、トレンドを意識し、新たな技術を取得することも必要。

  • トリミング担当の昆野さん
  • pm 12:00

    アロマオイルの香り漂う部屋で、マッサージ。
    慣れているコは、自らソファにごろんと寝転んでリラックスすることもあるとか。
    アロマセラピーは植物の香りを使った自然治癒療法で、人間同様、ワンちゃんのストレスを癒す効果が期待される。

  • アロマオイルの香り漂う部屋でマッサージ
  • pm 2:00

    お昼前後から午後3時頃までがもっとも忙しい時間帯。
    施術の他、グッズやペットフードなどの物販も手がけているため、接客する機会も多い。
    多彩な商品に関する知識も不可欠で、「まだまだ覚えることがいっぱい」という小久保さん。

  • pm 4:00

    お昼前後から午後3時頃までがもっとも忙しい時間帯。
    施術の他、グッズやペットフードなどの物販も手がけているため、接客する機会も多い。
    多彩な商品に関する知識も不可欠で、「まだまだ覚えることがいっぱい」という小久保さん。

卒業生からのことば

  • 昆野さん

    昆野さん

    ペットトリマー
    ペットトリマー専攻卒業
    仕事を通じて、少しでも犬と社会に貢献できれば…。トリマーになりたいという人がひとりでも増えることを願っています。
  • 小久保さん

    小久保さん

    ペットトリマー
    ペットトリマー専攻卒業
    実習はもちろん楽しかったのですが、栄養学やパソコン…関係ないように思える座学授業もすべて仕事に役立っています!