卒業生インタビュー

『好きを仕事にした卒業生の声』を聞いてください

ペットワールドの卒業生

阪急ハロードッグペットトリマー

鈴木さん ペットトリマー
鈴木さん
2015年卒業
ペットトリマー&エステティシャン専攻
について詳しくはこちら

小さい頃から動物に囲まれて育ち、その中でもワンちゃんに関わるお仕事がしたいと思っていました。体験入学で、ワンちゃんに関わるお仕事を色々体験して、トリマーになろう!と決めました。
来てくれるワンちゃんが尻尾を振ったりしてとても嬉しそうな時、私も嬉しくなります。また、お客様に「次もあなたにやってもらいたい」と言われるとき、とてもやりがいを感じます。
トリマーは思っていた以上にやりがいを感じるお仕事ですし、毎日ワンちゃんに癒されて幸せです。皆さんも頑張ってください。

トリミングハウスOHANAペットトリマー

田部さん ペットトリマー
田部さん
2015年卒業
ペットトリマー&エステティシャン専攻
について詳しくはこちら

高校生になって進路を考えだしたとき、自分は将来好きなことじゃないと続かないだろうと思いました。そんな中、家の近くのペットショップでたまたまガラス越しにトリマーさんを見て「かっこいい」と思ったのがきっかけで、トリマーを目指そうと思いました。
トリミングハウスOHANAでは、トリミングや歯磨きに来られた際ワンちゃんに関する相談を受けたりすることがあります。私たちの答えによって問題が解決されるときは、とても嬉しいです。
まだまだ先輩を見てかっこいいと思うことばかりですが、私自身も飼い主さんの力になれるよう頑張ります。

アップルオードリーペットトリマー

川瀬さん ペットトリマー
川瀬さん
2013年卒業
ペットトリマー、ペットエステティシャンの両方のスキルを活かして活躍中。ドッグショーにも積極的に参加し、スキルアップを常に意識しながら勤務している。
ペットトリマー&エステティシャン専攻
について詳しくはこちら

ワンちゃん、飼い主さんに信頼され、
頼られるペットのスペシャリストになりたい

岐阜出身の私が大阪ECO動物海洋専門学校を選んだ理由は、ペットエステを専門的に学べる専攻があったから。入学して驚いたのは、最新のペットエステを学ぶための設備はもちろん、プロのペットエステティシャンの先生に直接指導していただけたことでした。これからペットトリマーやペットエステティシャンをめざす人にとっては、全てが揃っている学校だと思います。在学中に色んなことを知ることができ、視野が広がるのもイイですよ。

Cherie Angeペットトリマー

井上さん ペットトリマー
井上さん
2013年卒業
前の店主からサロンを引き継ぐ形で、卒業後2年で独立、開業。
寝屋川市内の無料送迎を行っており、お年寄りの飼い主様にも喜ばれている。
ペットトリマー&エステティシャン専攻について詳しくはこちら

お客様や、ワンちゃんの喜ぶ姿がやりがいです。

昔から犬が好きでしたが、将来は美容師になりたいと思っていました。
小学生の時に、家の犬をトリミングに出したところ、すごく綺麗になって帰って来てビックリ!こんな仕事があるんだ、トリマーさんってすごい!と思ったのが、今の仕事を目指したきっかけです。学校では、エステの実習が特に楽しかったですが、座学だった「トリミング理論」の大切さには卒業してから気付きました。今でも、学生時代の教科書を読み返すことがありますよ。在学中はトリミングを嫌がる犬を、積極的に担当したことも役に立っています。
今後の目標は、オプションメニューを充実させること、それから2号店を出すことです。

湘南動物プロダクションドッグマスター

久保さん ドッグマスター
久保さん
2011年卒業
テレビや映画、雑誌などで活躍するタレント動物が数多く所属している湘南動物プロダクションに勤務。アニマルトレーナーとして、出演する動物たちの演技指導や訓練、飼育管理を担当。
ドッグマスター専攻について詳しくはこちら

研修先では自ら積極的に仕事を探して

研修中には、自分から進んで積極的に仕事を探すようにしました。その姿勢が評価されて「うちに来ないか」と内定をいただきました。 CMで有名なお父さん犬が所属するプロダクションのため、仕事は忙しくハードですが、他の動物たちの飼育環境も整えてあげたり、配慮しながら働いています。将来は、仔犬を自分で一から育てられるようになりたいです。

千里桃山台動物病院動物看護師

土井さん 動物看護師
土井さん
動物看護師専攻 2015年卒業
動物看護師専攻について詳しくはこちら

現在、獣医の先生が処置をしやすいよう補助をしたり、ワンちゃんの血圧を測ったりしています。ワンちゃんの緊張をほぐすため、声をかけて安心させるよう心がけています。
病院に来た動物たちの調子が目に見えて良くなる時、自分も少しは回復に携われているかと思うととてもやりがいを感じています。
動物たちや飼い主さん、一緒に働くスタッフにも信頼してもらえるよう、これからも頑張っていきます。
自分の好きなことで仕事ができるのは幸せです。みなさんも興味のあることに進んでください。

大阪動物病院動物看護師

西山さん 動物看護師
西山さん
動物看護師専攻 2014年卒業
動物看護師専攻について詳しくはこちら

動物と飼い主さんの笑顔が何より嬉しい

中学生のころから将来動物関係のお仕事がしたい!と思っていた私は、高校生になって色々オープンキャンパスで体験をし、自分に一番合っている動物看護師を目指そうと決心しました。
学校の実習授業は今でもすごく役だっていると実感します。
今は、入院中のお世話、血液検査や診療補助など様々な業務を行っています。ウサギ、フェレットなど小動物も診療に来ることがありますが、そういった小動物の診療補助も授業で経験しておいてよかったです。
診療後または入院していたワンちゃんが退院するとき、お見送りの際に飼い主さんからの「ありがとう」という言葉をいただくと、すごく嬉しいですしもっともっと頑張ろうと思います。

青戸やまだ動物病院動物看護師

金安さん 動物看護師
金安さん
2014年卒業
動物、飼い主様の視点に立った医療を心がけ、町のホームドクターとして地域社会に貢献している『青戸やまだ動物病院』。そこで動物看護師として勤務している。
動物看護師専攻について詳しくはこちら

飼い主さんに伝えたことで、動物たちが元気になっていくことがやりがい。

動物看護師ですから直接の治療はできませんが、病気の予防や食事などについて、飼い主さんと直接お話をする機会はたくさんあります。そこで飼い主さんにうまく伝えることができ、理解し実践してもらい、動物たちが元気になっていく様子を見られることがやりがいになっています。もちろん、飼い主さんからの感謝の言葉を頂けることも嬉しいです。これからも飼い主さんに伝わりやすい、分かりやすい説明を心掛けていき、高いレベルの知識を持ち、動物や飼い主さんをサポートできる動物看護師になりたいと思っています。

P2ペットショップスタッフ

橋本さんペットショップスタッフ
橋本さん
2008年卒業
ドッグトレーナー専攻について詳しくはこちら

どんなことにでもアドバイスできるようになって、
よりたくさんの飼い主さんの力になりたい

現在、ウサギ・ハムスター・インコなど小動物を担当しています。特に一人暮らしの人に小動物は人気で、飼い方についてよく聞かれます。
もともとは、捨て犬をなくすため犬のトレーニング施設で働きたいと思っていましたが、在学中に、より多くの飼い主さんに関われるペットショップで働きたいと思うようになりました。
やりがいを感じるのは、新しい飼い主さんが後日写真を見せて、どんな生活をしているか報告してくださる時。今後も、小動物の幅広い知識をつけて、飼い主さんにより親身になってどんな質問にも答えられるようにしていきたいです。

FREE WANドッグトレーナー

櫻さんドッグトレーナー
櫻さん
2010年卒業
犬のしつけ教室から訪問しつけ、イベントの企画運営まで幅広く手掛けるFREE WANには、卒業生3名が在籍。櫻さんは代表トレーナーとして活躍中。
ドッグトレーナー専攻について詳しくはこちら

飼い主さんの身近な存在として、困っていることを幅広く解決できる

ドッグスクールでは犬のしつけはもちろん、病気やお手入れなどの相談にも乗っています。「“待て”ができるようになった。ありがとう」「紹介してもらった病院、良かったよ」と言っていただけるのがうれしいですね。このようにワンちゃんのトータルサポートができるのは、「ドッグマスター専攻」で幅広く学んだおかげだと思います。 また、イベント企画の授業は、今も「運動会」や「クリスマス会」を開催するのにとても役立っています。

はっぴーているずdogs roomドッグトレーナー

波多野さんドッグトレーナー
波多野さん
2014年卒業
ペットホテル、一時預かり、グルーミング、しつけ教室、パピースクール、各種イベント、物販など幅広く担当。
ドッグトレーナー専攻について詳しくはこちら

保護犬ゼロに向けて、ここが最後の砦に

テレビで犬の殺処分の事を知り、そういう犬を少しでも減らしたいと思い入学しました。飼い主さんと愛犬が楽しく暮らすことができれば飼育放棄もなくなり、保護犬もなくなる。そうなることを願って、飼い主さんのお悩み相談にのっています。咬んだりして飼い主さんが触れない、他では預かってもらない犬も来ます。そういう犬でもドッグトレーナーだから預かれる。保護犬にならずにすむ最後の砦のつもりで仕事をしています。

郡山警察犬訓練所ドッグトレーナー

南さん ドッグトレーナー
南さん
ドッグトレーナー専攻 2014年卒業
ドッグトレーナー専攻について詳しくはこちら

訓練力をアップさせて、将来は自分のトレーニング施設を持ちたい

小さいころから将来動物関係の仕事がしたい!と思っていましたが、高校生になり体験をうけているうちに、自然とドッグトレーナーになろうと自分の中で決まっていました。
授業は、警察犬訓練や災害救助犬の授業など専門的な授業がとても面白く、今でも役だっています。
警察犬訓練所では、警察犬だけでなく家庭犬もお預かりしてトレーニングしています。色んな大会に出場させてもらう機会もあり、警察犬、アジリティなど様々な訓練をできるので毎日楽しいです。何より毎日犬とたくさん関われるというのが、一番嬉しいです。
今後もっと訓練力をアップさせて将来自分のトレーニング施設を持つのが夢です。

株式会社アンディカフェ

青木さん
青木さん
2012年卒業
「愛犬と共に美味しいお食事を」 そして「愛犬との生活に必要な様々なサービス」をトータルでサポートしている『アンディカフェ』。そこでチーフとしてドッグトレーニングやホテル業務を担当している。
ドッグトレーナー専攻について詳しくはこちら

犬の殺処分を減らすために、家庭犬のトレーナーに。

吠えや破壊行動などで手がつけられなかった犬が、変わってきて、飼い主さんから「成果が出ている、ありがとう」「飼い主である自分が変わることで、犬も変わることがよく分かった」という言葉をもらえることがやりがいです。私は入学前に犬の殺処分問題を知り、それを減らしたいということが自分の大きな目標であり、自分の原動力になっています。『この子たちの力になりたい』という想いがあれば、どんな状況でも前へ進めると思うので、その気持ちを忘れずに仕事をしたいと思います。

DOG RUN FIELD in OSAKAドッグカフェスタッフ

面髙さんドッグカフェスタッフ
面髙さん
2009年卒業
ドッグランとドッグカフェが併設しており、1日ワンちゃんと楽しい時間を過ごすことが出来る施設ドッグランフィールドin大阪で店長として勤務。
ドッグカフェ専攻について詳しくはこちら

自分が企画したイベントで飼い主さんやワンちゃんが喜んでくれると嬉しい

子供のころから犬と一緒に居るのが当たり前で、将来はワンちゃんに関わる仕事がしたいと思っていました。
今の仕事を選んだのは、お菓子作りが元々好きだったこともあり、ドッグカフェにたまたま愛犬と遊びに行ったときに、「自分も将来こんな仕事がしたい!」と思ったのがきっかけです。
学校では、「ペットビジネス」の授業は経営についても学べるので、現在店長として働く上でとても役に立っていますし、ワンちゃん用のメニュー開発も学校で学んだ知識が基礎になっています。

動物ワールドの卒業生

神戸どうぶつ王国動物飼育スタッフ

久野さん 動物飼育スタッフ
久野さん
2015年卒業
動物園・動物飼育専攻について詳しくはこちら

現在、ペリカンやワオキツネザルのショーを担当しています。特にワオワオトーク(ワオキツネザルのショー)は、台本から全て自分たちで創ったショーなので、お客様から歓声が上がるととても嬉しいです。
ショーの時間以外は、動物たちへ給餌をしたり、接客をしたりと動き回っています。神戸どうぶつ王国では動物とお客様の間に柵がないので、動物を監視することも重要です。動物たちがけんかを始めると、仲裁に入ったりすることもあります。
昔から動物か好きで、ショーをやってみたいと思っていたので、毎日がとても充実しています。自分らしさを活かすことができると仕事が楽しくなります。皆さんもぜひ色々な経験をしてくださいね。

公益財団法人横浜市緑の協会よこはま動物園ズーラシア動物飼育スタッフ

坂上さん 動物飼育スタッフ
坂上さん
2012年卒業
「生命の共生・自然との調和」をメインテーマに掲げる日本最大級の動物園のよこはま動物園ズーラシア。そこでバードショーやラクダライドなどを担当。
動物園・動物飼育専攻について詳しくはこちら

動物の事が好きだから、
仕事が大変だと思った事がない

大学で野生動物のことを勉強していたのですが、野生動物の研究をしていくよりも、動物園で多くの方に動物のことを伝えて知ってもらいたいと思うようになりました。動物園に入るために飼育の勉強をきちんとしようと考え入学しました。自分の手や考え、そして飼育の仕方1つで動物に影響がでるので、本当に責任のある仕事ですが、動物がすごく好きなので仕事を大変だと思った事はありません。ショーやトレーニングなど技術を高め、お客さまにいいショーを観てもらいたいですね。

有限会社エル・ビー・カヤックステーション

金原さん
金原さん
2013年卒業
西表島で体験プログラムを通し、人と自然がバランスよく生きられる社会を目指すエル・ビー・カヤックステーション。そこで西表島をフィールドにガイドをする。
野生動物&環境保護専攻について詳しくはこちら

自然の中で動物に携わる仕事がしたいと西表島へ

物心ついた時から自然や動物が好きで、自然の中で動物などに携わる仕事がしたいと思っていました。西表島に行ったことはなかったのですが、西表島に憧れて、気づいたら来ていました。自然が相手の仕事なので、思い通りにいかないことも多々ありますが、お客さまが自然を楽しみ、感動し、笑っている姿を見るのが本当に嬉しい。学生時代に多くの現場で動物の痕跡を探したりし『動物を見つける目』を養えたことが今の仕事で活きています。

NPO法人どうぶつたちの病院 対馬野生生物保護センター

笹沼さん
笹沼さん
2012年卒業
環境省からツシマヤマネコの飼育と健康管理業務を委託されている『NPOどうぶつたちの病院』。そこでツシマヤマネコの飼育、保護、野生復帰訓練などを行っている。
野生動物&環境保護専攻について詳しくはこちら

ツシマヤマネコが元気になり野生に返っていく姿を見ると感動する

病気やケガをしたり、交通事故にあったツシマヤマネコが保護され、その子がご飯を食べられるようになり、自分で狩りができるようになって、最後に自分の足で、自分が元いた自然に返っていく瞬間を見たときは、すごくやりがいを感じます。ツシマヤマネコの減少要因として、イエネコとの闘争や犬に襲われるという事があります。ですから、ペットの適正飼養についての普及活動のためのイベントに参加してます。そのイベントがきっかけで、子供たちがツシマヤマネコのためにどうしたらいいのかを考えてくれると嬉しいです。

Universal Studios Floridaアニマルトレーナー

福島さん アニマルトレーナー
福島さん
2006年卒業
動物園・動物飼育専攻について詳しくはこちら

アメリカのテーマパークで、ライブショーのAnimal Actors on Locationに出演する動物たちのトレーニングや飼育管理をしています。
在学中に参加したオーストラリア研修で初めて海外の空気に触れ、海外が自分に合っていると感じました。卒業後は、ユニバーサルスタジオジャパンでアニマルショーをしていましたが、さらにトレーニング技術を磨くためアメリカで働くことを決意しました。
もし少しでも興味があることがあるなら、迷わずどんどんチャレンジしてください。学生時代はあっという間に過ぎてしまいます。一日一日を大切に、いっぱい学んでいっぱい遊んで、いろんなことを経験してください。
夢は努力すれば叶うんです!

ニュージーランド牧場スタッフ

小松さん 牧場スタッフ
小松さん
2011年卒業
動物園・動物飼育専攻について詳しくはこちら

ニュージーランド・クライストチャーチ郊外の乳牛牧場で就業しています。乳牛600頭と400頭の大規模な2カ所の牧場での、搾乳作業と仔牛のお世話が主な仕事内容です。
小学生の頃から英語に興味があり、海外で動物の仕事をしたいと思っていました。
この学校のオーストラリア専門留学でのインターンシップを経験し、さらにその思いが強くなりました。卒業後は、海外の牧場で働くための知識・技術と資金を貯めるため、日本の牧場で4年間必死に頑張りました。そこでの人脈を通じて、ニュージーランドに来ることができました。今は、牧場生活を満喫しています。
海外に出ると、色んな角度から物事を見たり考えたりすることで、自分の視野が広がります。また物事に対して柔軟に対応できる力がついてきます。そして、海外の良さも、日本の良さも体感できます。ぜひ自分の世界を広げてみてください。

(公財)横浜市緑の協会 金沢動物園動物飼育スタッフ

繁成さん アニマルトレーナー
繁成さん 動物飼育スタッフ
2013年卒業
世界の希少草食動物を中心に飼育している『横浜市立金沢動物園』。そこで、アラビアオリックスをメインにアフリカ区の飼育担当している
動物園・動物飼育専攻について詳しくはこちら

絶滅危惧種のアラビアオリックス。何としてでも繁殖を成功させたい。

動物ガイドをする際に、担当している動物を知ってもらえることは本当に嬉しく、やりがいを感じていますし、お客様の様々な反応を見て刺激を受けながら楽しんで仕事をしています。現在、繁殖動物であるアラビアオリックスの担当をしているのですが、絶滅危惧種で国内に10頭しかいないため、数を恒常的に増やしていくことが課題になっています。現在、共同研究も行っていて学術的な知識の不足を感じていますが、何としてでも繁殖を成功させたいと思います。

海洋ワールドの卒業生

須磨海浜水族園ドルフィントレーナー

永井さん
永井さん
2015年卒業
ドルフィントレーナー専攻について詳しくはこちら

小さい頃から家族旅行で色んな水族館に連れて行ってもらっていました。その中で、イルカショーの後すぐにアシカショーをしていた飼育員さんがいて、すごいなと思ったのが今の職業を目指すきっかけになりました。高校生になって進路を本格的に考えだした時、目指すなら徹底的にやろうと大阪ECOに入学しました。
毎日ドルフィンショーをしていて、お客さまから歓声が上がる時は何より嬉しいです。
今の目標は、先輩たちのように、お客様とイルカが一体化するようなショーができるようになること。それ以外にも水芸やアシカショーなど、やりたいことはたくさんあります。
皆さんも、やる前に諦めず一度はやりたいことに挑戦してみてください。

株式会社 北海道マリンパーク 登別マリンパークニクスドルフィントレーナー

日暮さん ドルフィントレーナー
日暮さん
2013年卒業
「北欧ロマンと海洋ファンタジー」 をテーマにした登別マリンパーク二クス。そこで、イルカの飼育とパフォーマンスを担当している。
ドルフィントレーナー専攻について詳しくはこちら

『イルカに伝わった!』
その瞬間がスゴく嬉しい

最初の頃は、なかなかイルカへ指示が伝わらず悩み、悔しい思いをしました。それでも、イルカは何を考えているのだろうと考え、経験を積んでいくうちに「伝わった!」と思える部分が増えていきました。イルカに伝えたいと思ったことが「伝わった瞬間」は、凄く嬉しいですし、やりがいを感じます。お客様にイルカの凄さや魅力を伝えていくためにも、イルカたちにより良い環境を作っていきたいと考えています。そのために、トレーニング技術の向上だけでなく、飼育員としてイルカに関わる多くの知識を身に付けたいと思います。

神戸市立須磨海水族園

水野さん
水野さん
2016年卒業
バンドウイルカたちが華麗な技を披露する「イルカライブ」、サメ・エイなどがゆうゆうと泳ぐ「大水槽」、世界最大級の淡水魚ピラルクが見られる「アマゾン館」など、見所が盛りだくさんの神戸市立須磨海浜水族園で魚類の飼育を担当している。
水族館・アクアリスト専攻について詳しくはこちら

好きなことに熱中するタイプだから、好きなことを仕事に

小さい頃から海のそばで育ち、魚を見るのが大好きでした。進路に迷った時期もありましたが、自分は好きなことには熱中できるタイプなので、水族館で働きたいと思うようになりました。
学生の間も、それまであまり興味のなかったものが面白くなったりと新しい出会いがありましたが、飼育員になった今、さらに世界観が広がっています。あまり飼育したことがなかったヒトデやカニなどの無脊椎動物のお世話をしたり、特別展で新しい生き物の飼育が始まったり、毎日が発見の連続でとても楽しいです。先輩も皆、熱い人で熱心に教えてくれます。今は幅広く先輩について担当させてもらっていますが、しっかり勉強して早く自分の担当を持ちたいです。

アクア・テイラーズアクアショップスタッフ(店長)

竹下さん
竹下さん
2008年卒業
水族館・アクアリスト専攻について詳しくはこちら

入学した頃は、水族館への就職を目指していたのですが、在学中様々なことを経験したり業界の人の話も聞いたりして、だんだんとアクアショップを目指すようになりました。
魚の飼育は、基本を知ればそんなに難しいものではありません。しかし、豊富な知識があればあるほど、お客様の水槽に問題が起きた時、最適なアドバイスができます。近年は特に、魚単品で買うのではなく、水草やサンゴをインテリアとして購入する人が増えているので、商品点数が非常に多く、日々新しい知識を頭に入れることがとても重要です。
専門学校は業界の方とつながりが持てる場所でもあると思います。業界研修や講師の先生とのつながりなど大事にして頑張ってください。

アクア・テイラーズアクアショップスタッフ

山田さん
山田さん
2010年卒業
水族館・アクアリスト専攻について詳しくはこちら

小さい頃から魚が大好きで、この仕事を選びました。現在は、販売や仕入れ、生体管理、POP作成など幅広い業務を担当しています。
常連のお客様は100人以上いらっしゃいますが、過去に何を話したか覚えています。そうすると、次に来られた際にスムーズにお話ができたり、仕入れの際もお客様1人1人を想定しながら仕入れたりできるからです。日々、お客様の表情や目線を見ながら接客することで、お客様に感動していただき、「この人から買いたい」と思ってもらえるようにしたいです。
好きなことを仕事にすると日々やりがいがあるので、毎日の仕事も楽しくなります。皆さんも頑張ってください。

有限会社知床ネイチャークルーズ

大木さん
大木さん
2004年卒業
自然探索を目的とした遊覧船を運行している『知床ネイチャークルーズ』。そこでイルカ、クジラ、シャチなどの海洋動物、海鳥などについてのガイドを担当。
海洋生物保護専攻について詳しくはこちら

「今年も来たな」ってわかるシャチがいると嬉しい

小6の時にシャチのショーを見てから、シャチのことがすごく好きになり、シャチに関わる仕事に就こうと決めました。学校の実習でもシャチがいるところだけを選んで行っていました。そのおかげか、シャチを探すのは得意です。クジラやシャチを見たお客さまが嬉しそうにしている姿を見ると嬉しいですし、大好きなシャチを見れること自体が自分にとってのやりがいです。今後「あ、あの子だ」と個体認識できるシャチを増やしたいです。