毎日更新!ブログ

2018年11月20日

有窓布について

こんにちは

動物看護師専攻の福本ひなたです


だんだん肌寒くなってきて、日が落ちるのも早くなってきましたね

少しずつ冬が近づいてきて、クリスマスにお正月わくわくしてきますね


今回は看護実習の授業で勉強した“有窓布”について紹介しようと思います

“有窓布”とは、動物たちの手術を行う際に、手術する部位以外を覆い隠すためのものです。


このように真ん中に穴が開いています。

部位の大きさに合わせて、大小大きさが違うのもあれば、丸や四角など形もさまざまです。

授業ではこのようにたたみ方を教わりました。

手術を行うときに滅菌されている状態を維持するたたみ方なので

簡単そうにみえて意外と難しいです

これが完成形です

コンパクトでこれですぐ手術を始めることができます


最近はどんどん動物看護師の実践授業が増えてきて、

覚えることがたくさんですが、とても毎日充実しています


最後に10月23日に誕生日を迎えたカール

2歳の誕生日おめでとう

※当日、動物の体調により会えない場合があります。

ブログ

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • アーカイブ
    • アーカイブ

ブログ

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • アーカイブ
    • アーカイブ