毎日更新!ブログ

2017年2月1日

高齢動物との暮らし

こんにちは!!

動物看護福祉&理学療法専攻 1年の中村木吏香です


今回は、高齢動物との暮らしについてお話させて頂きます


人間と同じで、やはり動物も同じように歳をとっていきます・・・。

歳をとってきたと分かるサインは、いくつかありますが少しだけ紹介させて頂きます


・目の衰え・身体の衰え・歯の衰え・認知症であったり、関節や骨の衰えという物があります。

ここで注意してもらいたい事は、よく見てよく触って感じてあげる事が大切です

ふだんからよく観察し体をたくさん触っていると、少しの変化にも気付きやすいものです!!


歳をとってくると、人間も介護が必要なように動物にも介護が必要となってきます

介護をするのには、とても大変な労力がいると思いますが最後のその時までお世話をちゃんとしてあげて下さいね


お世話疲れが出てきたときは1人で悩まずに家族やかかりつけの動物病院に相談するのも1つの方法だと思います動物病院では、獣医さんや動物看護師さんが様々なアドバイスをしてくれますし、おなじように介護をしている飼い主さんと、待合室でお会いすることがあるかもしれません

動物も大切な家族の一員です

1

※当日、動物の体調により会えない場合があります。

ブログ

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  • アーカイブ
    • アーカイブ

ブログ

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  • アーカイブ
    • アーカイブ

HOME > ブログTOP > 動物看護師のタマゴたち > 健康管理 > 高齢動物との暮らし