毎日更新!ブログ

2015年7月16日

ギフト

7月15日。今日は「中元」といいまして、「半年生存の無事を祝い、祖先の霊を供養する日」なんだそうです。元々は中国固有の宗教である道教の習慣。そこから転じて、日本では江戸時代にお世話になった方やお得意先に贈り物を送るようになりました。いわゆる「お中元」というやつですね。

今日で動物理学療法専攻と動物看護師専攻の学生さんは夏休み前最後の授業となったわけですが、まさしく「お中元」をお送りするような気持ちで授業に臨みました。今日はその両専攻の学生をはじめとする、在校生のみなさんにメッセージを届けたいと思います。

両専攻の学生さんの多くは来年から動物病院で働くことになるわけで、夏休みには忙しい時間の合間をぬって病院へ見学、研修に行く人も少なくないでしょう。迎える側の動物病院としても、どちらかというと今までの「お客さんモード」から「試用モード」になってきます。これは現場で仕事をしてきた者として感じていることなので、おそらく大きく間違ってはいないと思います。少し厳しいようですが、好む好まざるに関わらず「戦力としていかほどか」という眼でより見られるようになるということです。
相手はこれまでたくさんの学生さんを見続け、育ててきたプロです。バレないだろうと思っていることもすべてお見通しであったりします。いくらその場では取り繕っても、日頃の態度や考え方が言動の端々に出てしまって、それを見ておられます。

だからこそ大切なことはやっぱり、日々の積み重ねです。眼の前にある課題や仕事、勉強するチャンスをおろそかにしないということです。そしてその上で、素直でいること、謙虚でいること。これが、ルーキーとして現場に出て行こうとするみなさんに一番意識しておいてほしいと僕が思っていることです。

でも僕も人に偉そうなことは決して言えません。日々の積み重ねをおろそかにしたり、軽い気持ちで仕事に入ったり、自分の能力を過信したりして、数え切れない失敗をしてきました。恥をかいてきました。だからこそ、その反省から絞り出した「答え」は、社会人としての大事な準備段階にいる学生さんにとって少なからず教訓としてもらえるんじゃないかと思っています。

僕が学生さんに送りたい「お中元」の言葉を、もう一度言います。

「素直でいること。謙虚でいること。」

現場の人はみなさんが現時点でどれぐらいのことができるかということよりも、これからどれくらいの仕事ができるようになってくれるだろうかというところを見てます。取り繕ったりせず、ありのままの気持ちで、積極的に色々な経験を積ませてもらうようにしてください。その気持ちで勉強もすれば、動物看護師の統一認定試験もなんてことはありません。

今日は少し説教くさくなりましたね。いかんいかん。僕も学生さんとなんら変わりありませんからね。まだまだ発展途上です。Stay hungry, Stay foolish。

それでは。ピース。

※当日、動物の体調により会えない場合があります。

ブログ

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • アーカイブ
    • アーカイブ

ブログ

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • アーカイブ
    • アーカイブ