先生×卒業生・在校生座談会

あわしまマリンパーク館長×水族館のドルフィントレーナーとして活躍中の卒業生

水族館で働くことがゴールではない。その先の将来像を大切にしよう。

海の魅力を伝えるプロフェッショナルである水族館のトレーナーや飼育係には、海の動物と向き合う喜びがある一方で、“ 好き ” を仕事にする厳しさもあります。人々に元気を届ける仕事の醍醐味を、数多くの卒業生が活躍するあわしまマリンパーク(静岡県沼津市)のみなさんに、本音で語り合ってもらいました。

あこがれを大切にしながら、広い視野を持つことも大切

やりたいことが決まっているなら、まずはやってみましょう。

あわしまマリンパーク館長・佐藤 充さん

佐藤
専門学校で学ぼうという人は、明確に「この道で行こう」と決めているわけだから、僕はそれだけでもたいしたものだなと思っているんです。2人はこの学校の卒業生だけど、僕の場合はたまたまこの世界に入ったから、なおさらそう思うんだよね。
松岡
館長はどういう経緯でこの世界に入られたんですか?
佐藤
母親の実家が大分県なので、幼いころに大分マリーンパレス水族館(現、大分マリーンパレス水族館 うみたまご)によく遊びに行っていて、「動物とふれあう仕事っていいな」と思ったことはあったけれど、大学を卒業するときは食品業界の試験も受けたし、「絶対に水族館で働きたい」という気持ちはなかったね。あわしまマリンパークの採用試験を受けたときも、募集要項にあった「海獣飼育者募集」の “ 海獣 ” って何なのかよく知らなかったぐらいだから。 当時は身体が丈夫な人を探していたらしくて、それで採用されたのかもしれないね(笑)。2人はどんなきっかけでこの仕事に就こうと思ったの?
松岡
もともと動物が好きで、日常生活では出会えない動物に関わる仕事ができたら楽しいだろうなと思ったのがきっかけです。動物園か水族館かで迷ったんですが、地元が神奈川県なので、京急油壺マリンパーク水族館や横浜・八景島シーパラダイスなどをよく訪れていて、最終的に水族館を志望しました。トレーニングにも興味があって、自分でイルカを高くジャンプさせてみたいと思っていました。就職してみたら、担当はアシカとアザラシだったんですけど(笑)。遠山さんも、イルカ志望だったんですよね?
遠山
イルカショーを見たことがきっかけで、海獣トレーナーになりたいと思ったから、海獣=イルカだと思っていたんだよね。水族館に遊びに行っても、アシカやアザラシは素通りしてしまうぐらいイルカが大好きで。でも、松岡君と同じで、いざ働きはじめたら「あれ、アシカ?」って(笑)。
佐藤・松岡
(笑)。
遠山
以前は「アシカが好き」という人は少なかったんじゃないかな。でも、認知度が高まってきたのか、最近ではアシカやアザラシを希望する人も増えてきたように思います。僕たちの世代は、イルカならイルカ、シャチならシャチと希望を絞りがちだったけど、いまの学生さんの中には「海獣のトレーナーなら何でもやりたい」という人もいますね。
佐藤
「絶対にこれ!」と決めつけない方が、この仕事を楽しめると思うね。でも、遠山君は夢が叶ったよね。

アシカをトレーニングする遠山さん

遠山
はい。最近になって、イルカも担当するようになりました。でも、これがゴールではないと思っています。トレーナーとして成長して、動物と上手に付き合えるようになることが目標なので、アシカはもちろん、もっといろいろな動物に関わって、経験を積みたいと思うようになりました。
松岡
僕も「絶対にイルカ」とは思わなくなりました。もちろんイルカを担当してみたいとは思いますが、アシカとアザラシで重ねてきたトレーニングの経験を、ほかの動物でも活かせるかどうかチャレンジしてみたいという気持ちが強いですね。
佐藤
2人とも、20代前半のころとは考え方が変わってきたのかな。
遠山
ずいぶん変わりました。イルカショーにあこがれて「私は絶対にイルカのトレーナーになる」という人より、「アシカもアザラシも好き」という人の方が、イルカのトレーナーとしても成長できるんじゃないかとも思うんです。いろいろと興味を持てるのは、それだけ視野が広いということですから。
松岡
「なりたい」という熱意を持つ意味ではあこがれも大切ですけどね。
遠山
もちろん、きっかけはあこがれでもいいんじゃないかな。ただ、イルカの担当になっても、ショーは1日の勤務時間のうちのほんの一部で、実際には裏方の作業の方が多いから。地味な仕事の中からも面白さを見つけられる広い視野を持たないと、せっかく仕事にできても長くは続けられないよね。
佐藤
お客さんとしての楽しさの延長線上で仕事をイメージすると、悩んでしまうかもしれないね。お客さんにお金を払っていただくということは、それに見合った楽しさを提供しなくてはいけないということだし、それだけのショーを作るためは、どうしても産みの苦しみを味わうことになるからね。
トレーナーに必要な“気付き” を自ら磨いて養おう

あわしまマリンパーク 遠山さん

ドルフィントレーナー専攻卒
海獣類担当(イルカ、アシカ、アザラシ)
あわしまマリンパーク 勤務 遠山さん
お客さん、動物と一体になれるのが水族館の仕事の最大の魅力です。自分の将来プランをしっかり持ちながら夢を大切に、あきらめずに頑張ってください。
ドルフィントレーナー専攻について詳しく
佐藤
この学校の先生方の顔ぶれを拝見すると、これだけの先生がよく集まったなと驚くね。いまからでも受けたい授業がたくさんあってうらやましいな。
遠山
恵まれていると思います。学生時代にその価値に気づくのは難しいでしょうけど、自分ももっと熱心に授業を受けていればよかったなと反省しています(笑)。
佐藤
松岡君は、学校は楽しかった?
松岡
はい。特に印象に残っているのは実習ですね。夏休みなどの長期の休みを利用して、2年間で5カ所に行きました。
遠山
実習にたくさん行けるのは専門学校ならでは。僕は高校生のとき、大学に行くか専門学校に行くかで悩んだけど、やっぱり現場を体験できる機会が多いことが専門学校に進む決め手になったしね。
松岡
実習生としてあわしまマリンパークでお世話になったときは、特別イベントのザリガニ釣りの補助をしました。遠山さんがまとめ役でしたよね。
遠山
うん、覚えているよ。松岡君は、こちらが1から10まで説明しなくても、全部を理解してお客さんを盛り上げてくれていたから、印象に残る実習生だったよ。
佐藤
1を聞いて10まで理解できるというのは「気付ける」視野が広いということだから本当に大切なことだよ。動物と接していても、ちょっとした違いに気付けるかどうかでトレーニングのスピードが違ってくるからね。
遠山
本当にそう思います。体調が悪いときも、動物は弱みを見せないというか、なかなか不調の合図を出してくれないですからね。細かな違いに気付ける力は大切です。この仕事を始めて間もないころ、動物の気持ちがわからずに怒らせてしまうことがありました。アシカの鼻先で自分の体を押してもらう水中パフォーマンスをしていたのですが自分が楽しんでしまって、何回もくり返したんです。きっとアシカは「こっちは大変なんだぞ」と怒っていたんでしょうが、それに気付くことができなかったんです。結局、ショーの途中でアシカに噛まれてしまいました。それからしばらくは、アシカに距離を置かれてしまいましたね。
松岡
そんなときはどうするんですか?
遠山
何を間違えたのか考えるしかないかな。でも、自分の間違いに気付いて、動物の気持ちをショーの構成に活かしたりすると、向こうも目の色が変わって「わかってくれているんだね」と思ってくれる。松岡君は、そういう経験はない?
松岡
僕が新人のころには、ショーが終わってもアシカが帰ってくれないことがありました。でも、先輩が担当しているときはいい子ですぐに帰るんですよ。自分と先輩の違いを探して、今日はこれを試してみよう、明日はあれを変えてみようと、毎日、試行錯誤していました。
遠山
結局、それに尽きるんだよね。
松岡
そうなんです。その分、気持ちが伝わったときには本当に楽しいですよね。向こうがひらめく瞬間っていうのが。明らかにそれまでとは動きが変わって、「わかった!こういうことでしょ!」という目をしてくれる。その瞬間はたまらないですね。
遠山
わかる、わかる。動物とは言葉は通じないけど、心が通じ合う瞬間がポンっと生まれるんだよね。

自分の人生を自分で描き出して。お客さんを楽しませる仕事は本当に楽しいですよ。

あわしまマリンパーク館長・佐藤 充さん

佐藤
自分の意志が伝わったときは本当に嬉しいね。トレーニングというのは動物を理解するからこそできることだし、思い描いたことをショーにできるのは、心が通じているということだから本当に楽しい。笛1本でコミュニケーションできて一体感が生まれると、自分もアシカになっていると錯覚するぐらいの瞬間が生まれるんだよね。そういう醍醐味を味わうためにも、やっぱり “ 気付き ” は重要だと思うな。簡単にいうと “ 気配り ” なんだけど、普段の生活の延長だから、勉強して学べるものではないのかもしれないね。ただ、もともと身に付いていたとしても、仕事でその力を発揮するには、意識的に力を磨くことも必要だよ。僕は、大勢で食事に行くときにお箸を配ったり、サラダを取り分けたりということを意識的にやっています。人のためというより、“ 気付き ” の感覚を鈍らせないためにやっているんだよね。上下関係の厳しい運動部なんかで過ごした人は、自然に身に付くことかもしれないけれど。
松岡
学校では、1年生と2年生が交流する機会が結構あるんですよ。僕も1、2年生混合でグループを作って、海に関するテーマで発表しました。上下関係は厳しくないですけど、グループの中では役割分担があって、みんながやっていることをチェックするのは2年生の役割だったので、1年生にアドバイスをしていました。お世話になったり、面倒を見たりといった機会から学べることは多いと思います。
佐藤
それはいいね。そういう機会は大事にした方がいいと思うよ。
遠山
自分の場合は、実習生のころから視野が広かったかというと、正直なところ自信はないですね。だからこそ当時は、誰よりも素早く作業するとか、誰よりもたくさん質問するとか、言い方は悪いですけど、どうやったら目立てるかを考えていました。実習先で声をかけてもらって就職につながることが多いので、印象に残りたいなと思っていたんです。ただ、39度の熱を出して帰るというハプニングを起こしてしまったので、別の意味で印象に残ってしまったかもしれません(笑)。
魅力的な水族館をつくるには、チームの一員としての意識が大切

あわしまマリンパーク 松岡さん

ドルフィントレーナー専攻卒
海獣類担当(アシカ、アザラシ)
あわしまマリンパーク 勤務 松岡さん
海の動物を学ぶのに、この学校ほど充実した環境はないと思います。入学した時点で業界への道は開けています。学校をうまく利用して、夢を実現してください。
ドルフィントレーナー専攻について詳しく
佐藤
でも、その「誰よりも」という気持ちは仕事をする上で大切なことだよ。「これだけは誰にも負けない」というものを身に付けることは、常に意識しておくべきだと思う。競争するだけではなくて、ほかの人の方が優れたところがあるのだったら、それ以外の部分で自分の強みを持つという発想の転換も必要だね。水族館の業務はチームで行うものだから、全員が同じ強みを持っていても、チームとしては成り立ちません。実習に来る学生さんの中には、テキパキと動ける人を見て落ち込んでしまう人もいるんだけど、あまりネガティブにならずに、チームに足りない部分を補える人材を目指すという意識も持ってほしいな。
遠山
チームとして働くという話は、さっきの「ショーは1日の勤務時間のほんの一部」にも通じますよね。飼育担当として採用されても、水族館には本当にさまざまな仕事がありますから、水族館というチームの一員という意識が求められます。
松岡
確かに。学生時代には、パソコンでポスターを作る仕事を任されるとは想像していませんでした。
遠山
設備の修理も業者に頼まずに、自分たちで修理することもあるし。僕たちは「何でも屋」でもあるんだよね。ちょっとしたイベントに出かけたり、中学校の職業教育に招かれて、全校生徒の前で話をしたりすることも仕事の1つだし。
佐藤
お客さんに来てもらえるようにキャッチフレーズを考えたりとかね。この近辺にはうちのほかにも水族館がいくつかあるから、5年先、10年先を見すえて、どういう方向性で展開していくべきかを考えなければならない。そのために独自色を出すアイデアを提案してもらうこともあるよね。
遠山
正直にいうと、入社して間もないころは「動物と接することが自分の仕事なのに、なんでこんなことを考えなくちゃならないの?」と思うこともありました。
佐藤
うちは小規模だから、みんなに飼育以外のことをやってもらうことも多いけれど、これにはデメリットもメリットもあると思っているんだ。大規模な水族館では、自分の仕事を専門的に追求できるけれど、逆に全体が見えなくなることもあるよね。うちは「全体としてこういう方向性で進んでいるから、自分の部署ではこういうふうに考えてみよう」といった発想ができる。これはメリットじゃないかな。
遠山
みんな個性があって、異なる感性がありますから、それぞれのアイデアを持ち寄るといいものができますよね。最初は面倒くさいと思っていましたけど、そこに気付けると楽しくなってきます。最近では、飼育をしていない人に飼育について意見を聞くのも大事だなと思うようになりました。十何年も飼育をやっていると「飼育はこういうもの」という考えができてしまうんです。そこで、あえて飼育担当ではない人に「こんなことしてみようと思っているんだけどどうかな」と聞いてみると、「そんな発想があったのか!」というような、新鮮な意見をもらえることがあるんですよ。
佐藤
長年やっていると発想が固定してしまうから、意見を聞いても反射的に「そんなの無理だよ」ということもあるんだけど。
遠山
よく考えると「なるほど」と思う意見も少なくないんですよね。実家に帰ったときに、別の業界で営業をしている同級生に意見をもらうこともあります。あわしまマリンパークは島に立地していますから、お客さんを送り迎えするための船がありますけど、同級生は「せっかく船があるんだから、島を1周すればお客さんも喜ぶんじゃない?」とか、普段ここで働いている人間としては目からウロコが落ちるようなアイデアを提案してくれるんです。
佐藤
異業種の人との交流は、いろいろな刺激をもらえるからすごく面白いし重要だね。そういう意味でも、広い視野を持てるようにしていきたいね。
遠山
常に勉強ですね。この仕事は終わりがないので、常に頭をフル回転させないといけません。でも、やり方しだいでいろいろな方向に進むことができますし、だからこそ楽しい仕事だなと思います。
好きな動物に関わりながら、元気を届けられる幸せな仕事

大水槽の前で談笑する3人

佐藤
これから学校で学ぼうという人には、ぜひ夢を叶えてほしいと思う一方で、この仕事の本当の楽しさがわかるのは、働きはじめて3年ぐらいかかることも伝えておきたいね。水族館としては、お客さんを盛り上げるショーを作ってくれる人を採用するわけだから、水族館で働くことが「夢」では困ります。動物を使って何をするかを具体的に提案する、さらにその先のお客さんを楽しませることを夢や目標にしてほしいと思うんだよね。
遠山
僕の場合はちょっと遅くて、本当の楽しさに気づくには4年ぐらいかかりましたけど(笑)。ただ、自分の仕事の意味を発見できる機会というか、ターニングポイントは何度かありました。特に印象に残っているのは、テレビ番組の取材を受けて、アシカが笑うというショーを披露したときのことです。松岡君も一緒だったので覚えていると思うんだけど。
松岡
はい、覚えています。放映後しばらくして、テレビを見たという女性からお手紙をいただいたんですよね。
遠山
その方のご主人は交通事故で大けがをしてしまって、20年間、いわゆる植物状態だというんです。そんな中で、たまたまテレビで僕たちのショーをご覧になったらしいんですが、笑うアシカの映像を見て、それまで何の反応も示さなかったご主人が初めて笑ったというんですよ。お手紙には、「20年間看病をしてきてしんどかったけれど、疲れが一気に吹き飛びました。これからも主人を看病していこうと思います。私の明るい未来も作ってくれました。本当にありがとうございました」と書いていてくださっていたんです。
松岡
アシカの笑顔が写ったポストカードにみんなで寄せ書きをして、返事をお送りしたんですよね。
遠山
もちろん、ショーを見てくれた子どもたちに「お兄ちゃん、がんばって!」と声援をもらうのも嬉しいんですけど、僕たちの仕事というのは、来てくれたお客さんを楽しませるだけでなくて、その場にはいない人の将来を明るくするお手伝いもできるんだと知ったのは、僕にとって大きなターニングポイントでしたね。
佐藤
この仕事はもちろん、動物が好きだからやっているんだけれど、人に元気を届けるということが社会的な役割かもしれないね。とても幸せな職業です。