企業プロジェクト

企業や施設を舞台に、プロとしての実践力を磨く。

業界の企業、施設から課題や要請をいただき、プロと共にその行程や現場を体験するのが「企業プロジェクト」。
ショーの企画やイベント運営、商品企画、環境調査など、その課題はさまざま。
コミュニケーション力やプレゼンテーション力など、社会人として必要な実践力を身につけます。

トリミングコンテスト全国大会

即戦力となる人材を輩出するため、トリミング技術向上を目的に、業界とともに実施しているコンテストです。各学校にて予選を勝ち抜いた学生が集結し、業界から招いた審査員の元、全国No.1を競い、トリミングに臨みます。

体験者の声

足立さんペットトリマー専攻

このコンテストは2年間の一番の目標でした。友達みんながいいライバルで、絶対に出たいというあきらめない気持ちで精神的にも成長できました。大きな舞台で、本番も緊張しましたが、やり終えた後は感動で涙が止まりませんでした。身につけた技術を元に動物病院でトリマーとして活躍していきます。

天王寺動物園ガイド

天王寺動物園に来園されたお客様に、在校生が動物園のガイドを行いました。
プロの飼育員さんから動物たちの性格やガイドのポイントを事前にレクチャーしていただき、それをベースにクイズなども交えながら楽しく分かりやすくお伝えしました。
参加してくれた子供たちにも大好評でした。

体験者の声

難波さん動物園・動物飼育専攻

思ったよりも、私たちの話に耳を傾けてくれるお客様が多く、感嘆の言葉もたくさんいただくことができてうれしかったです。この経験で、いろいろな動物についての知識をさらに増やしたいと実感できました。

森のミニ動物ハウスOPEN

「森のミニ動物ハウス」は、農業公園レジャー施設「ハーベストの丘」内の新施設として設営され、オープン時には学生たちが動物搬入を行い、現在は運営、接客まで全て在校生たちが行っています。来場者の近くで動物を見せての説明や、ハリネズミやヘビに触れるという意外性が好評で、来場者も満足されている様子でした。

体験者の声

峯岡さん動物園・動物飼育専攻

学校に入学後、直ぐに担当することになったので、緊張もしましたが勉強だと思い参加しました。身近に接することで、動物たちやお客様の動きがだんだんと分かるようになりました。

海遊館特別展示

日本トップクラスの水族館の1つである海遊館で、大阪ECO在校生が特別展示などのブースを担当しました。来場者の方への接客はもちろん、海洋生物に関するガイドも行います。海遊館スタッフの方からも「学生同士のチームワークの良さにびっくりしています」との評価をいただいています。現場でしか学べない貴重な経験を得て、一人ひとりがプロへと成長していきます。

体験者の声

稲田さんドルフィントレーナー専攻

山本さん水族館・アクアリスト専攻

海洋生物について質問されることもたくさんありました。また、プロジェクトの後半にはお立ち台に上がって、10分間の解説にチャレンジするなど、いい緊張感を持って臨むことができました

アニマルセラピー・動物介在活動(Animal Assisted Activity)

校内で育成しているアニマルセラピー犬を連れて特別養護老人ホームを訪問する活動を続けています。学生たちは、犬の毛がつかないように膝の上に毛布をかける気遣いをしたり、自分の祖父母と接するかのように高齢者の話に耳を傾けていました。施設スタッフからは「入居者は若い人と話すのを楽しみにしています」と期待を頂いています。

体験者の声

仲谷さん動物看護福祉専攻

みなさんに楽しい時間を過ごしていただくために、アニマルセラピー犬のトレーニングからイベント企画まで学生主体で行っています。動物の温かさを人の優しさを感じるのがアニマルセラピーの魅力。これからも活動を通じて伝えていきたいです。

身体障害者補助犬(ほじょ犬)啓発活動

小学校や幼稚園の子どもたちに、聴導犬・盲導犬・介助犬などの補助犬の役割や現状について理解してもらえるよう、楽しく、わかりやすい授業を実施しました。他にも介助犬による介助動作のデモンストレーションや、募金活動・チャリティグッズ販売にも取り組みました。

体験者の声

藤澤さん、勝さんドッグトレーナー専攻

専門的に学んできた経験と知識があるので、楽しく介助犬について伝えることができたと思います。この活動を通して、ひとりでも多くの方に補助犬について考えてもらえるきっかけになればいいなと思います。

ペット用オリジナルスイーツ企画/販売

去年に続き、靭公園バラ祭~くらしとみどりフェスタ~に出店しました。今年はドッグトレーナー専攻学生による無料イベントブースも出店。クイズラリーで正解するとお菓子がもらえることもあり、子供たちで大賑わいでした。また、バラ祭に合わせて用意したECOオリジナル「バラジャムクッキー」の売れ行きも上々でした。

体験者の声

宮田さんドッグカフェ専攻

子供連れのご家族が多く、飼い主さん用のお菓子がよく売れました。ワンちゃん用のお菓子は売れ行きがゆっくりで、少し残念でしたが、接客の勉強にもなり、参加してよかったです。

ペット用スイーツプレゼンテーション

京都市内のペットサロンで、予選を勝ち抜いた学生4名が、ケーキ試食コンテストに参加しました。審査員は、飼い主さんとそのワンちゃんたち。ケーキに対しての思い、レシピや見た目、ワンちゃんの食いつき具合から、1位に輝いたのは「おいものタルト」。主催者から「レベルの高いケーキです。お客さんの反応も上々で大成功です」と高い評価をいただきました。

体験者の声

筒井さんドッグカフェ専攻

素材の美味しさにこだわりました。糖分と塩分はゼロでも濃厚な味で低カロリーを飼い主さんにアピールしました。自分が考えて作ったケーキを、目の前でワンちゃんが食べるのを見れたのが勉強になりました。

オリジナルドリンク企画/販売

すべて学生たちで考えた、オリジナルドリンクを作りました。材料や配合を吟味し、何度も試作・試食を繰り返し、カフェで実際に販売できるレベルの商品を完成。このオリジナルドリンクは、ドッグカフェで大好評、完売しました!

体験者の声

澤田さん・正垣さんドッグカフェ専攻

試作の時は失敗ばかりで少しめげそうでしたが、結果的にはその失敗が役に立ちました。素材選びや使用する食材のコストバランスが難しかったですね。日頃の勉強の成果を充分に活かすことができました。

犬の幼稚園/ペットショップ運営プロジェクト

阪急百貨店系列の店舗でショップ運営や犬の幼稚園運営のサポートなど現場でプロに学ぶプログラム。1年間、ショップの現場実習や犬の幼稚園運営のサポート、愛犬と飼い主さんを対象とした定期イベントの企画運営を行いました。接客や店内ディスプレイ、お預かり犬のトレーニングなど、即戦力を身につけています。

体験者の声

池田さん、島津さん、浜田さんドッグトレーナー専攻

思った以上に集客に貢献でき、うれしかったです。知識・技術、プロとして求められるマネジメントについても学ぶことができました。就職後もこの経験を活かします。

動物ふれあいブース運営 集客・販売促進プロジェクト

今回で3回目となる学生主導のイベントを開催しました。内容はウサギとのふれあい&写真撮影、熱帯魚すくい、鈴虫の数当てクイズ。ウサギと触れあってもらうことで生体販売につなげる、熱帯魚をすくった方に水槽購入をすすめる、などの方法で「お客様の集客、売り上げ向上」を目標に、慣れない接客に奮闘。販売の難しさを体験しました。

体験者の声

河相さん動物園・動物飼育専攻

イベントへの参加は久しぶりだったので、最初は少し不安な気持ちもありましたが、同じゼミの同級生が助けてくれたり、お客様の笑顔に励まされたりと、イベント終了まで頑張ることが出来ました。

姫路セントラルパーク企業プロジェクト~大人のサファリ~

動物園や動物系レジャー施設は、いかに興味深く動物を見せられるか、かつ環境教育など社会的意義のある活動を提供できるかが課題となっています。そのため、これから動物飼育員となる人材には、単に動物を飼育管理し展示するだけでなく、集客できる展示の発案力やイベントの企画力が求められています。そこで、本校学生たちが姫路セントラルパークから依頼のあった「入場者の多い夏季以外にも多くのお客様に来場していただける施設の改善案、または魅力的なサファリ企画の提案」を企業プロジェクト課題として取り組みました。

BLACK OUT ! ~昆虫・爬虫・珍獣フェア~

専門店やメーカーが集結し、展示即売するイベントにスタッフとして参加しました。一匹10万円もする輸入カブトムシをはじめ、昆虫や爬虫などを展示販売する熱気ある会場で、学生たちはハッピ姿で販売員や抽選大会の司会を担当しました。「元気もいいし、よくやってくれています」と主催者からの感謝の言葉をいただきました。

体験者の声

大野さん動物園・動物飼育専攻

イベントではお客様と接する時は緊張しましたが、楽しかったです。オープン前から会場に入っての設営を体験して、こんな風に会場が作られていくんだな、と勉強になりました。

Sealion's Toy Project

水族館のアシカ用のオモチャを考案・製作し、海外実学研修先で訪れたオーストラリアの水族館の飼育スタッフへ向けて、英語でのプレゼンテーションを行いました。プロからも高い評価をいただき、在校生にとっても良い経験となりました。

体験者の声

田中さん、松井さんドルフィントレーナー専攻

ボディボードにアシカが乗れるという設定が今までにない発想、と評価され嬉しかったです。また、鈴のオモチャは音が出て、ミラーに映る点が好奇心旺盛なアシカ向け!と好評でした。

釧路シャチ類調査

北海道釧路沖の海洋生物調査を毎年行っています。調査は、魚群探知機などで魚群を探したり、海鳥の様子などからも、鯨類を探索し発見した際には、そのポイントを記録、また個体識別用の写真などを撮影します。その甲斐あって、現地では多くのシャチを個体識別できるようになりました。

体験者の声

岡村さん海洋生物保護専攻

気候によってちゃんと出航できるか、実際にシャチを発見することができるかなど、不安な面が大きかったです。しかし、実際に多くのシャチを観測することができ、また、授業で学んだことを活かすことができたので、とてもいい経験となりました。

わんわんペットDAY

本校の実習先でもある「ハーベストの丘」で、愛犬と来園できる特別イベントを開催。一番人気は無料お手入れブースで常に満員でした。他にも愛犬の健康チェックや、ドッグカフェブースなど、様々な分野で在校生が活躍。飼い主さんとワンちゃんが一緒に楽しむゲームも大人気でした。来園者の方は「愛犬と一緒に楽しめて大満足です」と評判も上々。在校生にとっても接客やコミュニケーションを学ぶ良い機会となりました。

動物介護オリジナルサポートグッズ制作

高齢動物や障害を持った動物の介護は、獣医療における重要課題です。ハンディキャップのある動物との生活を支えるために、現在では必要不可欠となっているサポートグッズを考案しました。学生が生み出したオリジナルサポートグッズは、動物の負担軽減はもちろん、介護を行う側のことも考慮した実用的なものであり、老犬介護グッズを商品化されている企業からも高い評価をいただきました。

動物愛護フェスティバル

動物愛護精神を育みながら動物についての正しい知識を深めて、人間との共生を目指すため、年に1度開催されているイベント。在校生は、健康チェックや身体測定、お手入れ教室、ワンちゃんのヘルシーおやつ等のブースを運営しました。たくさんの飼い主さんやワンちゃんと接することで、知識・技術はもちろん、コミュニケーション力も身に付きました。

長居公園わんわんDAY

愛犬家の方々が、楽しみながらワンちゃんに関する様々な飼育知識を身につけることが出来るイベントに、在校生がスタッフとして参加しました。しつけ教室や愛犬との暮らし方教室、クイズラリー、わんわんカフェ、ミニゲームなど多数のブースで在校生が活躍。他にも「愛犬と公園清掃」活動にも取り組み、数多くのワンちゃんや飼い主さんと一緒に有意義な時間をすごしました。

オリジナルペットショップ「For Your Pet」

将来、自分のお店を持つことを目標にしている学生たちが集まり、今まで学んだことを集大成させたショップを出店。それぞれ、運動グッズ・介護用品・ケアグッズ・フードの4カテゴリーの中から商品をセレクトし、紹介・販売を行いました。仲間と一緒に考え、限られたスペースを有効活用して商品が売れる工夫をした結果、予想以上の販売実績をあげ、多くのお客様に喜んでいただけました。

理想の動物園プロジェクト

飼育実習を行っている姫路セントラルパークから園長にお越しいただき、「お客様の視点から見たサービス」の提案や「環境エンリッチメント」の観点からの改善点など、プロの飼育員では気付きにくい部分についてのプレゼンテーションをさせていただきました。学生のアイデアを検討いただき、プロからの貴重な意見を聞くことができました。

どうぶつふれあいクルージング

旅行会社からの依頼で、アルパカやリスザル・ミミズクたちと一緒に大型客船に乗り込み、「ふれあい動物園」を実施しました。学生たちも移動動物園のプロスタッフから、動物たちの世話や説明方法を教わりながら、多くの子どもたちに動物の素晴らしさを伝えました。また、動物の扱い方だけでなく、接客のためのコミュニケーション術も学ぶことができました。

IMATA国際会議ポスター発表「Dolphin's Toy Project」

IMATA会議は、年に1回、全世界から海洋動物に関わる飼育員やトレーナーが参加し開催され、研究発表やレクチャーが行われます。学生たちは、国内水族館施設2ヶ所でイルカのおもちゃに対する行動観察と分析を行い、データ化し、まとめたものを学生たちがIMATA会議でポスター発表しました。ポスターセッションでは、来場者にポスターの内容を学 生たち自身が英語で説明を行いました。
※国際海洋動物トレーナー協会(IMATA)は、海洋哺乳類のトレーニング、展示、研究、ハズバンダリー、保護、教育を通して海洋哺乳類額に携わる人々のコミュニケーションと相互協力、専門家としての意識をより向上させることを目的として設立された協会です。

大阪湾スナメリ調査

スナメリは、クジラ目ハクジラ亜目ネズミイルカ科に属し、背びれとクチバシがないのが特徴です。沿岸性が強いため、人間の生産活動の影響を受けやすく、漁網による混獲や生息域の破壊などが原因で、生息数の減少が危惧されている種でもあります。そこで在校生が、分布密度や生態を明らかにすることを目的として、大阪湾におけるスナメリの調査を海遊館と共に行っています。

博物館特別展ガイド

大阪市自然史博物館にて開催された、特別展「OCEAN!」の解説員を在校生が担当しました。来場された方への解説だけでなく、子供向けのイベント企画を行い大好評。接客やコミュニケーションを学べただけでなく、イベントの運営についても学ぶことが出来ました。

森のようちえん

野外活動支援団体とともに、幼稚園児を対象にした環境教育プログラム「森のようちえん」を、年間に10回のペースで開催しています。この活動は大阪の野外活動センターで、自然体験や野外活動を行うプログラムです。イベントの回を重ねるごとに参加希望者も増え、今では保護者の方々の口コミで大きな反響を呼んでいます。

関西国際空港門松飾り

関西国際空港の依頼で新春を迎える国際ロビーの門松飾りを、在校生が担当します。毎年干支に合わせてデザインのアイデアを出し合い、制作して関西国際空港までの搬入・搬出も行います。

ほんとに知ってる?身近な生き物たち

天王寺動物園と大阪ECO動物海洋専門学校の共催イベント。爬虫類生態館IFAR(アイファー)にて、学生がふれあい体験のサポートや解説を担当。
展示される生きものは毎年かわります。

体験者の声

大澤さん動物園・動物飼育専攻

身近に存在する生き物をどのようにしたら興味を持っていただけるか、また魅力を感じていただけるか、を考えてイベントにのぞみました。あるナイトZOOの開催日、とても来場者様が多く大変でしたが、終わったときには達成感にあふれこのイベントに参加してよかったと思いました。

京丹後市洞窟調査

京丹後龍宮プロジェクトの一環として、丹後半島の犬ケ岬にある海蝕洞窟調査を行いました。 定位置で水深、方位、幅、地形などを計測記録し、ダイビングスポットとして観光資源となり得るかなどを調べました。

ふれあいサポーター

開園準備、調餌、解説、動物へ餌やり体験のお手伝い、安全管理など、屋上展望広場「水辺の ふれあい遊園」でのふれあい体験をサポート。
動物だけでなく、人と接することも学びます。

企業プロジェクト一覧

  プロジェクト内容 協力
動物 ゆずフェスティバル 福岡県立社会教育総合センター
FCIインターナショナルドッグショー JKC九州ブロック協議会
ドックランフェスタ NPO法人 WANWANパーティクラブ
西小岩まつり 江戸川区
小鹿流流鏑馬武道大会 埼玉県秩父郡小鹿野町
ペット博 ペット博実行委員会
お散歩ウォッチンング 犬吉猫吉
動物愛護フェスティバル 大阪府・大阪市獣医協会
獣医さんとペットの広場 東京イースト獣医協会
動物臨床医学会年次大会発表 学会サポート運営 公益財団法人 動物臨床医学研究所
犬の競技会
「FCIインターナショナルトライアル」開催
社団法人ジャパンケネルクラブ
西日本ブロック訓練士競技会
わん!ダフルフェスタ どうぶつ愛護フェスティバル実行委員会
犬のしつけ「講演とレッスンの会」 南葛西ペットクラブ連絡会
INULYMPIC GAMES イヌリンピック イヌリンピック実行委員会
大河ドラマの撮影での馬付 ベル・シーサイドファーム
RDA横浜杯 NPO法人RDA横浜
しが動物フェスティバル 滋賀県獣医師会
海洋 九州レプタイルフェスタ 九州レプタイルフェスタ実行委員会
東京レプタイルズワールド テレビ愛知株式会社
アートアクアリウム (株)エイチアイディー・インター・アクティカ
ジャパンペットフェア 日本ペット用品工業会
ザリガニワールド 名古屋市科学館
アシカショー あわしまマリンパーク
金魚まつり 江戸川区
日本観賞魚フェア 日本観賞魚振興事業共同組合
アクアリウムフェア 日本観賞魚振興事業共同組合
ECO ブライダルフラワーのプランニング (株)フレネットHIBIYA
正月門松制作展示 関西国際空港
花壇コンクール 江戸川区環境促進事業団
その他 環境フェスティバル21 大阪府・地球環境課
葛西まつり 江戸川区

※他多くのプロジェクトがありますが、一部のプロジェクトを抜粋して掲載しています。姉妹校の実績を含みます。