発見!探検!プロの仕事場

動物飼育員 @九州自然動物公園アフリカンサファリ

この仕事で大切なことは、たくさんの人に「動物の魅力」を「楽しく」伝えることです。
九州自然動物公園アフリカンサファリ

[取材協力]九州自然動物公園アフリカンサファリ
大分県宇佐市安心院町南畑2-1755-1

ゾウやキリン、ライオンやチーターなど放し飼いされている動物たちを、マイカーやジャングルバスなどのサファリ形式で観察し、小動物とのふれあいも体験できる人気のアフリカンサファリ。野生に近い広大な敷地を利用したスケール感が魅力の施設だけに、飼育員たちの仕事もさまざまです。
飼育員たちの1日はまず、担当する動物たちの健康チェックからスタート。日中外で暮らす動物たちが、元気に過ごせるかどうか判断して、セクションへと移動させます。キリンを担当している上形さんは「大きな動物なので心配なのはお客さまとのトラブルです。命に関わることもあるので、1日中気が抜けません。簡単にできる仕事ではないと実感しています」。各セクションへ案内して回っているのがジャングルバス担当の平野さん。現在唯一の女性ドライバーとして活躍中です。お客さまの年齢に合わせた平野さんの面白いトークは、とても好評だとか。「終点に着いた際、拍手をもらえた時は、本当に良かったと思います」。
小動物やカンガルーのふれあいを担当している白川さんは、お客さまに動物たちにふれていただき、その中で動物たちの魅力を伝えています。「接客がとても素晴らしい先輩がいらっしゃるのですが、その先輩のように大好きな動物の魅力を楽しく伝えることが目標です」。
動物とお客さまとの距離が近く、ふれあう機会が多い施設だからこそ、安全性や接客に対してのプロ意識の高さが必要とされます。それぞれの担当で、さまざまな経験を通して、工夫しながら頑張っている様子が伺えました。
  • am 8:30

    出社と同時に担当する動物たちの健康チェック。
    餌はちゃんと食べているか、排泄はしているか、いつもと違うところはないかを見て、問題がなければ動物たちをセクションまで車で誘導し、移動させていきます。

  • 出社と同時に担当する動物たちの健康チェック
  • am 9:00

    白川さんはオープン準備を済ませると、動物たちをふれあいコーナーへ移動。
    「カンガルーふれあいの森」では、寝そべっているカンガルーたちをお客さまがタッチ。
    おとなしいカンガルーですが、トラブルがないようしっかり観察します。

  • 動物たちをふれあいコーナーへ移動
  • am 11:00

    ジャングルバスの運行がスタート。
    平野さんは、まずジャングルバス運行のアナウンスから開始。
    人気のジャングルバスだけあって、1人で1日に4〜5便を担当。
    運転しつつお客さまの年代に合わせながら動物について楽しく、面白く、案内していきます。

  • 動物たちをふれあいコーナーへ移動
  • pm 1:00

    キリンがいる草食動物セクションで、車の中から動物たちの様子を見守る上形さん。
    ジャングルバスでやってくるお客さまたちが、間近で動物を観察したり、餌を与えることができるようキリンたちを車で誘導。
    危険がないか、体調は大丈夫か見守ります。

  • 車の中から動物たちの様子を見守る
  • pm 1:30

    ジャングルバスはゆっくり巡りながら、大きな動物たちに大接近!
    間近で観察できるのはもちろん、餌やり体験などもできます。
    平野さんは運転しつつ、動物たちについて楽しいトークを繰り広げます。

  • ジャングルバスはゆっくり巡りながら、大きな動物たちに大接近
  • pm 2:00

    「ふれあい牧場」では、モルモットを抱っこしたり、ミニチュアホースに餌やりの体験ができます。
    白川さんが担当するピグミースローロリスのふれあいは特に人気で、一人ずつ腕にのせて遊ぶことができます。

  • 「ふれあい牧場」では、モルモットを抱っこしたり、ミニチュアホースに餌やりの体験
  • pm 3:30

    ふれあいの合間には、動物たちの世話や餌づくりも担当。
    ふれあいゾーンにはたくさんの種類の動物がいるので、餌は個体ごとに新鮮な野菜や果物などを調合して、夕方や翌朝の食事に備えます。

  • ふれあいの合間には、動物たちの世話や餌づくりも担当

卒業生からのことば

  • 上形さん

    上形さん

    動物飼育員/大型草食動物(キリン)担当
    動物園・動物飼育専攻卒業
    安全に動物たちを誘導できることが目標。現場での毎日の経験が勉強になっています。
  • 平野さん

    平野さん

    動物飼育員/ジャングルバス担当
    動物園・動物飼育専攻卒業
    社会人経験後、夢を諦められず入学。今は自分のバスのファンを増やして、指名をもらうことが目標です。
  • 白川さん

    白川さん

    動物飼育員/小動物・カンガルーふれあい担当
    動物園・動物飼育専攻卒業
    研修で尊敬する先輩に出会ったことが就職の決め手に。学生時代はとにかくいろんな経験をして!